鍼灸の効能

整体へ通う

鍼灸は、はり・きゅう、しんきゅう、と読みます。 鍼灸は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入したりもぐさを燃焼させて 刺激を与えることによって病気を治そうとする治療です。 WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性が認められた病気には 次のものがあがります。 自律神経失調症や不眠などの神経系疾患。 リウマチや腱鞘炎などの運動器系疾患。 心臓神経系や高血圧低血圧症などの循環器系疾患。 気管支炎や風邪などの呼吸器系疾患。 胃腸病や肝炎などの消化器系疾患。 糖尿病や貧血などの代謝内分泌系疾患。 膀胱炎や性機能障害などの生殖・泌尿器系疾患。 中耳炎やへんとう炎などの耳鼻咽喉科系疾患。 眼精疲労・ものもらいなどの眼科系疾患。 小児ぜんそく・おねしょなどの小児科系疾患。 生理不順や不妊などの婦人科系疾患。

近年、不妊に悩むカップルが増加しています。 妊娠出産にむけ、積極的に医療を利用していていく中で 西洋医学だけではなく東洋医学も注目されています。 WHO(世界保健機関)も不妊症に対する鍼灸の一定の効果を認めています。 東洋医学では不妊症のことを「腎」の不足と考えています。 腎は単に腎臓のことをいうのではありません。 生殖器をつかさどるものの総称で、ホルモンともよばれます。 この腎を補っていくことによってえられる成果は次のものがあります。 妊娠しやすいからだを作る。 卵子の質をあげる。 黄体機能不全の改善。 生理周期の乱れを整える。 排卵周期の乱れを整える。 内膜を厚くする。 赤ちゃんができないことへのストレス・不安の解消。